不動産担保ローンという金融商品を知っておこう! TOP > コンテンツ一覧 > 銀行で相談後、審査を受けてローンを利用しよう

銀行で相談後、審査を受けてローンを利用しよう

銀行の窓口では不動産担保ローンに関する簡単な相談を受け付けてくれます。そして、そのローンを受ける際に必要な条件がそろい、銀行側が融資できると思えば、申込書を提出し、審査を受けるのです。また、この申込書だけを提出する場合と、事業計画書などの書類を提出する場合の二通りがあります。提出を求められた場合は、速やかに用意しましょう。

すべての書類を提出したならば、後は銀行側の仕事となります。不動産の概要を書いた不動産登記簿謄本や、担保の価値を調べるなどして、手続きを行ってくれます。そして、審査が通り、問題がなければ契約を交わし、不動産担保ローンを利用することができます。後はその資金を用い、目的の事業などを進めるだけです。

銀行の不動産担保ローンを受ける手順としてはこういったものとなります。必要な条件がそろっていれば、そうそう審査に落ちることはないので、落ち着いて手続きを進めていきましょう。また、融資を受けた後についてですが、返済を繰り上げて行うこともできます。ローンを早く返すことで、利息をその分少なくできるので、資金に余裕ができた際は、積極的に繰り上げて返済していくといいでしょう。

以上が銀行を通した融資の際のポイントとなります。