不動産担保ローンという金融商品を知っておこう! TOP > コンテンツ一覧 > 担保のあるローンとないローンの違い

担保のあるローンとないローンの違い

ローンを大きく分けると、担保があるかないかという違いになってきます。あるほうが有担保ローン、ないほうが無担保ローンといいます。ちなみにキャッシングというサービスならば、無担保かつ保証人要らず、資金の使用用途自由で借り入れることができ、審査も通りやすいというメリットがあります。さらに、金利は改正貸金業法で低くなっているので、多くの利息がつくこともありません。

それに対して、不動産担保ローンは有担保ローンの代表格となっています。有担保ローンだからといって、無担保ローンよりも劣るわけではありません。なんといっても、借り入れることができる限度額が多く、大量の資金づくりに役立ちます。上記の無担保ローンは手軽なよさがありますが、小口の融資が通常となっています。また、不動産担保ローンは審査が通りやすいというメリットもあります。そのため、審査が不安という方でも比較的安心して利用することができるのです。

不動産担保ローンの選び方ですが、実はどれも同じというわけではなく、それぞれ商品によって違いがあります。そのため、自分の希望する条件に合わせて、金融業者・商品を選んでいくといいと思います。また、資金づくりのことだけでなく、返済の予定も立てて利用するのがいいでしょう。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 任意整理・民事再生などの企業法務関係での弁護士を仙台で探すなら、迅速・適切な経営戦略と企業利益を最大限考慮した対応をしてくれるのでオススメです。